Gio Code 株式会社

Home

ユニフォームが出来ました

平成30年3月15日
代表取締役 趙 勝一

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

『ユニフォーム(制服)』
宅建業者の職場においてのユニフォーム(制服)のイメージ・・・固いイメージがどうしてもあると思います。

・スーツ姿にカチッとネクタイ
・事務職もスーツ姿

確かに良いと思います。否定するわけではありません。

宅建業者は「不特定多数のお客様」が対象です。
中には「スーツ姿」にアレルギーをお持ちのお客様も・・・いらっしゃるのもまた事実です。

新築の建売住宅の販売会場にお越しになる週末のご家族連れのお客様は、普段着の方ばかりですので宅建業者は
趣向を凝らし販売活動をしています。

いつもはスーツ姿の社員の方が販売会場で「ハッピにハチマキ姿」に変身している姿を見かける機会が多いのも
その為です。
(私も着た経験あります:汗)

弊社では、以前の記事でもお知らせしましたが「軽装励行事業者」です。
これに伴いオフィシャルスポンサーとして協賛している「B.LEAGUE 横浜ビー・コルセアーズ」のアパレルアイテムを
弊社の社員は着用して業務させていただいておりましたが、今回、さらに発展させることになりました。

テーマは「柔らかめのオフィスカジュアル」

宅建業者のイメージは「固めのオフィスカジュアル」というのが一般的と言われてはいるのですが・・・

例えば・・・
結婚指輪以外の指輪やピアスNG
ヘアカラーの制限
ジャケットやシューズの色の制限
ネイルカラーの指定(これは女性ですね)
トップスの色柄の指定…等々。

正直、「カジュアル」の要素はこれではほぼありません。
「軽装励行事業者」がプロバスケットボールのアパレルアイテムを着用しているだけでは企業イメージが確立できない!!

そこで、弊社は会社支給の制服を作成し、社則を改訂しました。
結婚指輪以外の指輪やピアスは社会常識を逸脱しないよう節度を保つ
ヘアカラーも同様(白髪染めも含む)
ジャケットやシューズの色も節度を保つ
ネイルカラーは奇抜な色でなければ
トップスの色柄の指定も社会常識を逸脱しない様に

随分、緩やかになりました(笑)
準備した制服は「ポロシャツ」です。

社員はズボンやスカートを変えるだけで済みます。

ポロシャツもデザインにデザインを重ね、パッと見た感じ「不動産屋の制服」には見えないかもしれませんが、
これこそが「柔らかめのオフィスカジュアル」と自負しております。

弊社従業員は、この制服を着用したり一般的なオフィスカジュアルとしてワイシャツを着用したりとビジネスシーンに
あわせて社会常識を逸脱しないよう節度を保った服装で業務に従事しております。

他業者には、1年ごとに会社名を変えていたり、挙句、偽名すら毎年変わるなんて明らかにおかしな方も沢山いらっしゃるそうですが(笑)そんな会社とは評価を乖離していく一つの試みでもあります。

お客様におかれましてもご認識の程、宜しくお願い致します。

↑ PAGE TOP